犬のしつけと体罰|千葉で犬のしつけや出張トレーニングなら「てぃーだwan」!ペットシッターもお任せ下さい!

新着情報Information

犬のしつけと体罰

2019/02/16

先日、テレビで見たのですが、ラブラドールレトリーバーの子(16才)が蹴られている動画が一時話題になっていましたね。

蹴られていた子はその後保護されたようですが、飼い主はしつけだったと言っているとか。

トイレの粗相という事でしたが、もうだいぶ高齢のようでしたし、飼い主が、粗相しないで済むような環境を整えておくべき状況ですよね。

それに、粗相してから蹴るまで時間たちすぎてますし、蹴り以外の叱り方だったとしても、少なくともあのタイミングでは犬には伝わりませんね。小石を食べようとしたという話も聞きましたが、それでも蹴るのは違うかなと。飼い主さんのイライラを犬にぶつけてるようにしか見えませんでした。

体罰以外の罰でも様々なリスクをともなっているので、トレーニングでは勧めたくないやり方なのに、一番リスクの高いやり方の体罰をいまだに肯定して当たり前のようにやっているのを見るととても残念に思います。

ついでにお話すると、主な罰のリスクとして

・攻撃的になりやすい

・萎縮する

・無気力になる

・人との信頼関係が崩れる

・ハンドシャイ等になりやすい

・タイミングがずれると違う事を学習する

 

罰によって新たな問題が出てくることもあります。

特に、痛みを伴う罰は攻撃的になりやすいです。

あと単純に怪我をさせるかもしれません。

そういったリスクを知らない方は意外と多いです。

なぜリそんなスクだらけの罰を使ったしつけ(訓練)がいまだに根付いているかというと、おそらくは、罰を使った場合の効果の即効性だと思います。

ちょっとした吠えとかなら、罰によって一瞬で黙らせることが出来ちゃいます。

「手軽」「効果がすぐ現れる」というのは、人間側からするととても魅力なのでしょう。

問題行動を完全にやめさせるには、一瞬では足りない事の方がたくさんあるんですけどね。

それでも、すぐに治ったように見えるので、「これは良いやり方だ」と勘違いしてしまいます。

褒めるしつけは、時間がかかることが多いです。そのため、効果が出る前に人がトレーニングをやめてしまうことがあります。

「効果がなかった」というのは、練習不足だった、という事はよくあります。

 

罰は犬にかなりの負担をかけます。リスクだらけです。

褒めながら教えるやり方は犬も人も楽しく学べて、よりよい関係を築いていけますし、リスクが少ないです。

どちらを選んだ方が良いか。よく考えて欲しいです。

犬も人も、楽しく暮らしたいですよね。

 


pagetop